鉄道写真館

JR北海道

形式別車両紹介

721系

731系

733系

735系

785系

789系

キハ40系

キハ54系

キハ141系

キハ150系

キハ201系

キハ183系
 
 
キハ281系
 
キハ283系
 
キハ261系

キハ160形
 
過去の車両
 
781系
 
711系
     
札幌近郊の路線紹介
・函館本線(小樽−札幌)
札幌近郊における函館本線の運転系統は、小樽−札幌、札幌−岩見沢に分けることができます。
小樽−札幌間は快速列車が頻繁に運転され、日中は新千歳空港行快速「エアポート」が毎時2本、区間快速「いしかりライナー」が2本、普通列車は小樽・ほしみ・手稲で折り返す列車が4本ほど運転されています。
定期運転の特急は運転されていませんが、手稲−札幌間は札幌運転所からの入出庫の特急列車の往来も多く、それを活用した座席指定列車「ホームライナー」も運転されています。
朝里や銭函の周辺は海岸線に沿って走るため、日本海の眺めがよく、手稲以北は住宅地の中を走る通勤路線といった感じです。


・函館本線(札幌−岩見沢)
札幌以北では江別までの列車が半数を占め、岩見沢まで運転される列車は20〜40分間隔となります。区間快速「いしかりライナー」が毎時2本、普通列車が毎時3本運転され、運転時刻はパターン化されていますが不等間隔です。
旭川から石北線や宗谷本線に直通する特急列車が運転されているため、ピーク時には3本/時も特急が運転されます。
沿線は運転本数に比例するように、住宅地から田畑や空き地が広がっていき、岩見沢は立派な地方駅です。


・千歳線
千歳線は時間帯により、快速「エアポート」の運転本数が普通列車よりも多く、さらに函館、帯広方面への特急列車、さらに貨物列車も多数運転されています。
沿線では宅地化が進み、通勤需要も高い路線です。

・札沼線(学園都市線)
札沼線は旅客案内上学園都市線と呼ばれています。
もともとは札幌駅から細々と運転されるローカル線でしたが、昭和末期〜平成にかけての宅地化や、大学への通学需要の高まりから、札幌市内にて新駅を続々開業し、さらに八軒−太平間を非電化ながら高架化、さらにあいの里教育大まで複線化しています。
1990年代よりキハ40系等の一般型気動車が最大6両で走行する珍しい路線でしたが、2012年6月に電化され、現在は733系などの電車で運転されています。