鉄道写真館

富山地方鉄道

富山駅から宇奈月温泉や立山へのアクセスルートとしてお馴染みの路線です。
富山市内では路面電車も運行しており、地方都市としては公共交通機関の便利な街となっています。

10030形  7000形  8000形  9000形  T100形


10030形 
元京阪電鉄の3000形で、1990年に導入されました。
台車は営団3000系の廃車発生品が取り付けれましたが、乗り心地改善のため、485系の台車や、419系の台車に履き替えられた車両も存在します。
2013年、京阪3000系の引退に伴い廃車となったダブルデッカー車が導入され、京阪時代の塗装に復元された編成と連結し運用されています。


7000形 
1957年〜1965年に導入された車両で、市内線では最古参の車両です。


8000形 
1993年に5両製造されたVVVF制御の車両です。



9000形 
「セントラム」の愛称を持つ超低床車両で、環状線の開業に合わせて、2009年に登場しました。
富山ライトレールの車両と同一設計で、将来の直通運転に備えています。
3編成導入され、1編成目がホワイト、2編成目がシルバー、3編成目はブラックの塗装です。 

基本的に環状線で使用されています。


T100形 
7000形の後継として、2010年に登場した超低床3連接車体の車両です。
「サントラム」の愛称を持ち、1系統・2系統に使用されています。