京成AE100形 “シティライナー”

成田空港ターミナル乗り入れ用として1990年に登場。その後AE形を置き換えるため7編成が製造されました。量産車ではVVVF制御を京成で初めて採用した車両です。定速運転装置が装備されており、独特の操作方法が特徴です。
都営浅草線・京急線への乗り入れを考慮し、前面非常口を装備しますが、保安設備上の問題から現在に至るまで、都営浅草線での営業運転は行われていません。非営業では新車輸送時に京急線・都営浅草線経由で京成線に搬入されたほか、2011年の都営フェスタで、西馬込検修場への乗り入れを果たしています。
登場から2010年までは上野-成田空港間の「スカイライナー」、通勤ライナーの「モーニングライナー・イブニングライナー」で使用されていましたが、2010年の成田スカイアクセス線開業後は、京成本線経由の「シティライナー」のみに使用されています。現在は3編成のみ在籍しています。
製造期間 1990年〜1993年
製造数 8連:7編成
制御装置・
モーター出力
VVVF制御・
130kw
営業最高速度 110km/h
運用区間 京成線(上野〜成田空港)