北総9000形
・概要
住宅・都市整備公団千葉ニュータウン線開業にあわせ、1984年に当時の住宅・都市整備公団が製造した車両です。現在は都市基盤整備公団から移管した千葉ニュータウン鉄道が保有、管理は北総鉄道が行っています。
足回りの設計は北総7000形とまったく同じですが、窓が開閉式になり、冷房装置が集中式になるなど前面デザイン以外の相違点があります。
2013年に後継車両の9200形が登場したため、9008編成が廃車となり、現在は9018編成のみ在籍します。
製造期間 1984年・1990年
制御装置・
モーター出力
界磁チョッパ制御・
130kW
営業最高速度 105km/h
運用区間 北総線・京成押上線・都営浅草線・京急本線・空港線
←羽田空港   9000形編成表   印旛日本医大→
9008 9007 9006 9005 9004 9003 9002 9001 廃車 
9018 9017 9016 9015 9014 9013 9012 9011