京急600形
・概要
1994年に登場した、3扉クロスシート車です。地下鉄に乗り入れる車両で、全席クロスシートというのは国内では極めて異例な存在です。
ラッシュ時対策として「ツイングルシート」なる可動式の座席を採用し、ラッシュ時には一部座席を格納して立席定員を確保するという試みが行われましたが、実際の運用では座席を格納することがなかったために、1996年製の4次車より固定シートに変更されました。
クロスシート自体もラッシュ時の混雑と遅延の原因を起こしていたため、2005年からロングシート化改造が行われ、2013年を持って全編成のロングシート化が完了しました。
車体はアルミ合金製車体で、前面デザインは非常扉を左端に配置し、ワイパーカバーを装備することですっきりとした印象となっています。デ1形以来、京急の伝統的装備であったアンチクライマーは廃止されており、このデザインは2100形、新1000形に受け継がれています。
主要機器は1500形VVVF車とほぼ共通ですが、台車は軸梁式のものが新規設計されました。1996年制の4次車のみ、電動機出力を強化したMT比1:1編成となります。

2009より、車体更新工事が施工され、ドア上に液晶ディスプレイが設置され、ワイパーカバー上に「600」のスリットが設けられました。
クロスシートの車両はロングシート化改造が同時に行われ、2013年までに全編成の更新を完了しました。

 
製造初年 1994年
製造数 88両
制御装置・
モーター出力
GTO-VVVF制御・
120kW・180kW
営業最高速度 120km/h
編成呼称 8F、4F
 現在の運用
 
大師線を除く京急全線で、ウイング号を除く全種別で使用されています。
8両編成は主に都営線直通の快特・特急・エアポート急行・エアポート快特で使用されており、京成線内で必要とされる停車駅接近装置を搭載しているのが600形と1000形8VF車に限られるため、成田スカイアクセス線絡みの運用は基本的に600形が充当されます。
4両編成は快特・特急の増結車のほか、新逗子−羽田空港間のエアポート急行に、2編成連結して使用されています。
 使用種別
普通  急行  特急  快特 
 ウィング エア快   アク特

600形8両編成 編成表
  M1c M2 Tu Ts M1' M2' M1 M2c 製造 製造 改造 更新 更新前・備考 更新後・備考
601-1 601-2 601-3 601-4 601-5 601-6 601-7 601-8 1994 東急 2009 ロングシート・LED 2012 LCD化改造
602-1 602-2 602-3 602-4 602-5 602-6 602-7 602-8 1994 川重 2010 ロングシート
603-1 603-2 603-3 603-4 603-5 603-6 603-7 603-8 1995 東急 2010 ロングシート・LED
604-1 604-2 604-3 604-4 604-5 604-6 604-7 604-8 1995 川重 2012 ロングシート・LED
605-1 605-2 605-3 605-4 605-5 605-6 605-7 605-8 1995 東急・川重 2009 2011 ロングシート・扉上LCD試験車
606-1 606-2 606-3 606-4 606-5 606-6 606-7 606-8 1995 東急 2005 2011 ロングシート・LED
KEIKYU BLUE SKY TRAIN(2005.3〜)
KEIKYU BLUE SKY TRAIN
607-1 607-2 607-3 607-4 607-5 607-6 607-7 607-8 1995 川重 2012 ロングシート・LED
  Muc T Tp1 Mu Ms T Tp1 Msc 製造 製造 改造 更新 更新前・備考 更新後・備考
608-1 608-2 608-3 608-4 608-5 608-6 608-7 608-8 1996 東急 2004 2012    

  600形4両編成 編成表
  Muc T Tp2 Msc 製造 製造 改造 更新 更新前・備考 更新後・備考
651-1 651-2 651-3 651-4 1996 川重 2008 2012 ロングシート・LED
652-1 652-2 652-3 652-4 1996 川重 2011
653-1 653-2 653-3 653-4 1996 川重 2013 扉上LCD1枚
654-1 654-2 654-3 654-4 1996 川重 2013 扉上LCD1枚
655-1 655-2 655-3 655-4 1996 東急 2013
656-1 656-2 656-3 656-4 1996 東急 2012