京成3700形
・概要
1991年に登場した、京成通勤車では初のVVVF制御を本格的に採用した車両です。
車体は3600形と同じステンレス車体ですがコルゲートがなくなり、すっきりとした外観になりました。車内はLED案内装置やラインデリアが初めて採用されています。
製造期間が11年と長かったため、製造時期によって、前面にスカートの設置、座席の形状など多くの仕様変更があります。
2000年増備車より前面スタイルがマイナーチェンジされ、前照灯を上部に、急行灯を下部に設置するようになりました。
行先表示は当初、方向幕を使用していましたが、2007年頃より3色LEDに交換された後に、2010年頃からはフルカラーLEDに再度交換されています。

・運用
8両編成は、京成本線・押上線の快速特急・特急・快速のほか、成田スカイアクセス線への直通運用にも充当されます。
比較的都営浅草線・京急線直通運用に充当される傾向が高いようです。
6両編成は本線・千葉線・千原線の普通運用に使用されています。

製造期間 1991年〜2002年
製造数 8連:15編成
6連:2編成
制御装置・
モーター出力
VVVF制御・
130kw
営業最高速度 110km/h
運用区間 京成線・芝山鉄道・都営浅草線(全線)
京急線泉岳寺〜羽田空港間(更新車)
その他の画像
3708編成〜3728編成までの初期車は、全面種別幕の周囲に出っ張りがあるのが特徴です。
LED化される前の3768編成。
2003年7月のダイヤ改正によって、京成車による快特運用が新設されましたが、種別幕に「快特」のコマがないために「快速」で代用されていました。
確か2003年度中には「快特」のコマが追加されていたような気がします。
 2008年頃の3818編成。
種別・行先がLED化されていますが、運番はマグサインのままです。
2000年に増備された編成より、前面デザインがマイナーチェンジされています。
現在の京成車には「快特」の種別表示がなく、京急線内でも「快速特急」と表示されています。