京成3600形

京成通勤車初の界磁チョッパ制御・軽量ステンレス車です。3500形にやや似た外観スタイルですが、3面折妻の前面デザインや灯具類の形状が異なります。
先頭車両がT車のため、京急への乗り入れは行わず、主に京成線内の特急・快特で使用されます。
製造期間 1982年〜1989年
製造数 54両
制御装置・
モーター出力
界磁チョッパ制御・
140kW
営業最高速度 110km/h
運用区間 京成線、都営浅草線