京成3400形
1993年〜1995年にかけて初代AE形を改造させ登場した車両です。
AE形の足回りはそのままに、3700形ベースの鋼製車体に載せかえられています。そのため、車内設備や窓配置など、車体の材質以外は3700形に合わせています。
元特急車両ということもあり、乗り心地が良く、モーター音も静かです。回生ブレーキの失効速度がかなり高いため、運転士には厄介な車両かもしれません。
京急への乗り入れ運用に入ることも多く、3700形とともにあちこちで見かける車両です。
改造期間 1993年〜1995年
製造数 8連:5編成
制御装置・
モーター出力
界磁チョッパ制御・
140kw
営業最高速度 110km/h
運用区間 京成線・芝山鉄道・都営浅草線(全線)
京急線泉岳寺〜羽田空港間(更新車)