京成3000形
・概要
3200・3300・3500形置換え用として、2003年2月に登場した京成通勤型では最新の形式です。
12年ぶりの新規形式ということで、京成初の装備が数多く採用されています。車体は日本車輌が開発したブロック車体を採用、VVVF制御は京成初のIGBT素子を採用しています。行先表示は3色LEDとなり、京成伝統の全面の独立した大型種別幕は一般的な大きさに変更されています。
車内では片持ち式のロングシートを採用し、LED案内装置は千鳥配置となっています。
京成グループの標準形式として、京成で大量増備されたほか、北総7500形、新京成N800形、千葉ニュータウン鉄道9200形といった同一設計の車両がグループ各社で導入されています。
2009年には、行先表示をフルカラーLEDへ改造され、現在はすべての編成の改造を完了しています。
2010年には成田スカイアクセス線開業用の3050形が登場し、外観・内装ともにマイナーチェンジが行われています。
3050形では自動放送装置が設置され、アクセス特急の運用時のみ、京成線内で使用されています。

製造期間 2003年〜
制御装置・
モーター出力
VVVF制御・
125kW
営業最高速度 110km/h
運用区間 京成線、都営浅草線、北総線、京急線(泉岳寺〜羽田空港)
3050形
成田スカイアクセス線用として、2010年に営業運転を開始した3050形。
基本設計は3000形と同じですが、外装や座席に航空機のイラストが描かれるなど、空港アクセス列車であることをアピールするデザインになっています。
基本的にアクセス特急・エアポート快特の運用に充当されますが、京成本線経由の特急・快速特急にも使用されます。