京急2000形
・概要
旧600形を置き換えるため、1982年に登場した車両で、登場当初は2扉クロスシートの車両でした。
足回りは800形の界磁チョッパ制御をベースに、付随車を加えて経済性を高め、ギア比は高速走行を重視したセッティングにされています。加速度は3.0km/sと低めで、走行音は静かです。
後継車である2100形の登場によって、1998年〜2000年までにすべての車両が3扉ロングシートに改造されました。車端部のクロスシートと横引きカーテン、蛍光灯カバーは残され、中央扉付近にラインデリアが設置されておらず、2扉時代の面影が残ります。
前面非貫通のため、品川以北への乗り入れはできません。先頭車の全長が若干長いため、4両編成を3本連結した12両編成ではホームの有効範囲を超えてしまう場合があります。
3扉化改造後、8連は長い間ラッシュ時のみの運用でしたが、2010年のエアポート急行新設に伴い、日中に都営線非直通の8連運用が設定され、2000形が多く使用されています。
4両編成は2扉時代には運用が多くありませんでしたが、3扉化改造後は本線の普通、快特の増結車など、幅広い運用に充当させるようになりました。
新1000形ステンレス車によって代替が開始され、4両編成は半数ほどが廃車となっています。
製造初年 1982年
製造数 72両
制御装置・
モーター出力
界磁チョッパ制御・
120kW
営業最高速度 120km/h
編成呼称 8MT、4MT
 現在の運用
 
非貫通のため品川以北への乗り入れはできず、京急線内で完結する運用のみに充当されます。
8両編成は朝・夕のラッシュ時の快特・特急に使用され、日中と土休日は横浜方面のエアポート急行で使用されています。
4両編成は単独で普通車の運用に入るほか、快特・特急の増結車に使用されます。大師線への入線実績も存在します。
 使用種別
普通  急行  特急  快特 
wing号 エア快   アク特
2000形8両編成 編成表
  M1c M2 M3 Tu Ts M1 M2 M3c 製造 製造 廃車
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 1982 東急・川重
2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 1984 東急
2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 1984 川重
2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 1985 川重
2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 1986 川重
2061 2062 2063 2064 2065 2066 2067 2068 1986 東急
2000形4両編成 編成表
  M1c M2 T M3c 製造 廃車
2411 2412 2413 2414 1985 東急 2012.5
 ■  2421 2422 2423 2424 1985 東急 2012.5
 ■  2431 2432 2433 2434 1986 東急 2012.5
2441 2442 2443 2444 1986 川重
2451 2452 2453 2454 1987 川重
2461 2462 2463 2464 1987 東急